日焼け止めで肌荒れしないための対策!塗らずに紫外線を防げる!?

肌を守るために塗った日焼け止めが逆効果に…

 

 

 

紫外線対策に欠かせない日焼け止め。

 

夏になるとみんな使ってますよね。

 

 

でも中には日焼け止めを塗ると

 

  • 肌にブツブツができる
  • かゆくなる

 

こんな症状が出てしまう人もいるんです。

 

 

 

まさか、肌を守るために日焼け止めが肌荒れの原因になるなんて…。

 

 

 

じゃあ紫外線対策はどうしたらいいの!?

 

 

とショックで途方に暮れてる人もいるかもしれません。

 

 

 

 

 

というか、私がそうでした(笑)

 

昔は日焼け止めを塗ってもどうってことなかったのです。

 

でも体質が変わったのか、数年前から日焼け止めを塗るとかぶれのようなかゆみや

 

ブツブツが出るようになってしまいました。

 

 

 

 

赤いブツブツは不潔そうに見えますし、かゆみは気になって仕方ない…。

 

自意識過剰かもしれませんが、他人の視線が肌荒れしているところに向くと、

 

本当にいたたまれない気持ちになります…。

 

 

 

こんなことならいっそ日焼け止めを塗らない方がマシだと、

 

紫外線対策をしなかった時期もあります。

 

でも、何もしなければ今度は日焼けでヒリヒリ痛むし、皮がめくれるし…。

 

 

 

 

こんな経験をしながら、これまでいくつもの日焼け止めを試したり、

 

他の紫外線対策を勉強するなど、数年に渡って一人で研究を続けてきました。

 

当サイトではそんな私が紫外線対策について調べたことをまとめています。

 

私と同じ悩みを持っている方は参考にしてみてくださいね。

 

紫外線対策を諦めないで!

 

 

 

日焼け止めを塗って肌荒れするくらいなら、紫外線浴びてた方がマシ。

 

これは以前の私も考えたことですが、ちょっと待ってください!

 

 

 

肌荒れで辛いのは分かりますが、紫外線を浴び続けるとそれ以上に

 

恐ろしい未来が待っています。

 

ですので、まずは安易に紫外線対策を止めてしまう人がでないように

 

紫外線を浴び続けるとどうなるのか、という怖い話をしておきたいと思います。

 

 

肌に及ぼす影響

 

 

 

ご存じだと思いますが、紫外線を浴びると皮膚にとって色々な悪影響が出てきます。

 

  • 肌が黒くなる
  • 肌が赤く炎症する
  • 皮がめくれる
  • シワができる
  • シミ・そばかすができる
  • 肌荒れが起こる
  • たるみの原因になる

 

「お肌のトラブル」と言われるこのような現象は、紫外線がかなり影響しています。

 

その証拠に、普段日に当たることのない手や足の付け根の部分は白くてすべすべしていますよね?

 

これが本来の自分の肌質なんですが、長年紫外線を浴びた結果、

 

手や顔みたいに色が付いたり、皮膚が固くなったりしているんです。

 

 

 

しわやたるみなどは一見紫外線と関係なさそうに思いますが、これも紫外線が皮膚の表面から

 

内部に侵入し、肌の細胞そのものを破壊していくことによって起こります。

 

 

 

つまり、紫外線を浴びると老ける!ってこと。

 

美容にとって紫外線は天敵なんです。

 

 

 

また、「日焼け止めは肌荒れするから」と止めてしまっても、

 

紫外線を浴びることで肌荒れをしてしまうこともあるんです。

 

塗っても塗らなくても肌荒れするって…(汗)

 

敏感肌は本当に厄介です。

 

 

髪・頭皮に及ぼす影響

 

 

 

肌以上に紫外線を浴びるのが髪の毛や頭皮です。

 

髪や頭皮も紫外線対策していますか?

 

放っておくと肌と同じように、こちらも深刻なダメージを受けてしまいますよ。

 

  • 頭皮が赤くなり、ヒリヒリする
  • フケが出る
  • 髪がパサつく
  • 髪のツヤがなくなる
  • 枝毛や切れ毛になる
  • 髪の色が抜け、茶色っぽくなる
  • 髪が抜ける

 

髪の悩みごとでよく出てくるこのような内容も、実は紫外線が理由になっていることがあります。

 

毎日せっせとトリートメントしていても、紫外線対策をしていなければ意味がないんですね。

 

でも、頭の紫外線対策は疎かにしている人も多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

紫外線は美しい髪を台無しにするだけでなく、最悪、抜け毛の原因にもなります。

 

最近、女性でもスカルプケアが話題になったりしますが、近年の日差しの強さも

 

ひょとしたら関係しているかも!?

 

 

健康面への影響

 

 

 

ここまでは美容についての問題が多かったですが、紫外線は健康にも害を及ぼします。

 

  • 皮膚がんの原因になる
  • 白内障の原因になる
  • 身体の免疫力が落ちる

 

皮膚がん・白内障はどちらも、比較的歳をとってからなる病気ですが、

 

どちらも紫外線と関係があると言われています。

 

一度にどれだけ浴びたかだけでなく、生まれてからこれまでの浴びた紫外線量も関係するので、

 

若いからと言って紫外線を浴びていると歳を取ってから後悔することになるかもしれません。

 

 

 

一方、若くても怖いのが身体の免疫が落ちるということ。

 

免疫が落ちてしまうと、普段かからないような病気にかかりやすくなってしまうんです。

 

もし、紫外線を沢山浴びるようなことがあれば、しっかり睡眠と栄養を補して

 

普段以上に体調管理には気をつけるようにしてください。

 

 

 

 

 

こうして見ると、紫外線ってやっぱり怖いですね。

 

もし日焼け止めが合わなくても、無防備に出かけるのはマズイことが分かってもらえたと思います。

 

じゃあどうやって対策するの?ってことについて、次から書いていきますね。

肌が荒れにくい日焼け止めを探す

 

 

まず1つ目の方法は日焼け止めを変えてみる、という方法です。

 

敏感肌と言ってもその度合いには個人差がありますし、

 

日焼け止めと自分の肌の相性もありますよね?

 

たまたま、今までの日焼け止めが合わなかったという可能性はゼロではないんです。

 

そこでここでは、肌荒れしにくい日焼け止めの探し方をご紹介します。

 

 

SPF・PAは適切なものを選ぶ

 

 

 

日焼け止めには必ずパッケージに紫外線をどれだけ防げるかを表すSPF・PAの数値

 

(SPFは20とか30など数字、PAは++とか+++みたいにプラスの数)が書かれています。

 

紫外線を防ぎたいと思ったら、ついつい一番効果が良いものを選んでしまいがちなんですが、

 

実は効果が強いと肌への刺激も強いというデメリットがあるんです。

 

 

 

SPFの最大は50+、PAの最大は++++(フォープラス)ですが、真夏に海行くような時ですら、

 

ここまでの日焼け止めは必要ないんですよね。

 

普段使うなら、SPF20程度、PA+程度で充分。

 

外で長時間動く時にはSPF30〜40、PA++〜+++くらいが目安です。

 

これまで「強い方が効果ありそう」と思っていた人はまず、

 

SPF・PAの低いものを使ってみるといいでしょう。

 

 

ウォータプルーフは避ける

 

 

 

汗や水でも流れないウォータープルーフの日焼け止めは便利で人気ですね。

 

しかし、敏感肌の人にとっては、これはあまりおすすめできません。

 

なぜなら、ウォータープルーフ日焼け止めに使われるシリコンは、肌に吸着して

 

毛穴を防いでしまう性質があり、ブツブツや乾燥の原因になることがあるからです。

 

 

 

また、専用クレンジングが必要なウォータープルーフ日焼け止めは、それだけ吸着力が強い証拠。

 

日焼け止めはもちろん、クレンジングにも洗浄力・刺激の強い成分が使われていることが多いです。

 

便利な性能を持っている日焼け止めは、それだけ刺激も強くなってしまうんですね…。

 

 

紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めを選ぶ

 

 

 

日焼け止めには、大きく分けて紫外線吸収剤を使った商品、紫外線散乱剤を使った商品

 

の2種類があります。

 

このうち、紫外線吸収剤を使った商品は肌への悪影響が出やすいと言われています。

 

なんでも紫外線をカードする時に、この吸収剤が熱を発してしまうことが原因らしいです。

 

「あつっ!」となるような熱ではないですが、それでも敏感な肌にはダメージとなってしまうんですね。

 

 

 

一方の紫外線散乱剤の日焼け止めは、紫外線を反射するように作られているため、

 

比較的刺激は少ないと言われています。

 

紫外線散乱剤の日焼け止めは「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」とも書かれています。

 

敏感肌の人はパッケージにこのような記載があるものを選んだほうが良いかもしれません。

 

ただ、紫外線散乱剤のものでも、乾燥しやすくなる人もいるため過信は禁物。

 

私はこれでもかゆくなりました…。

 

 

 

 

 

これまで適当に日焼け止めを選んでいた方は、まずはここで書いたような日焼け止めを

 

試してみてください。

 

それほど酷い敏感肌じゃない場合は、これで解決ってこともあります。

 

 

 

ただ、敏感肌用の日焼け止めは頻繁な塗り直しが必要だったり、塗り心地があまり良くなかったり、

 

我慢しないといけない部分もあるんですけどね…。

 

日傘や洋服で紫外線対策

 

 

 

日焼け止めが駄目なら、日傘や服で紫外線予防しよう!

 

こう考える人も多いと思います。

 

実際にこれなら敏感肌に関係なく紫外線予防をすることができます。

 

 

 

しかし、適当にやっていると効果が弱くなってしまったりする場合がありますので、

 

ここでは日傘や服、アクセサリーなどの選び方をご紹介したいと思います。

 

 

日傘や帽子の選び方

 

 

 

日傘や帽子は最も紫外線を受けやすい髪の毛や顔を保護してくれるアイテムです。

 

紫外線対策の中でも特に重要なので、外に出る時はできる限り準備しておきたいものですね。

 

 

 

日傘には2つの機能がありますが、何か分かりますか?

 

  • 紫外線を防ぐ
  • 暑さを凌ぐ

 

どちらも暑い日には重要ですよね。

 

ただ、暑さを凌ぐ効果に重点を置いている日傘の場合、紫外線カット効果はそこまででもない

 

場合もあるので、注意が必要です(それでも差さないよりは全然マシですが)。

 

紫外線カットを目的とした場合、日傘を選ぶポイントは3つです。

 

  • 生地が厚く目の詰まったもの
  • ポリエステル製、もしくは麻製のもの
  • 傘の内側が明るい色でないもの

 

ポリエステルや麻には紫外線を吸収してくれる効果があります。

 

最近の日傘は大抵UVカット加工がされていると思いますが、ポリエステルや麻が使われているものであれば

 

更に効果が高まりますし、UVカット加工の効果が切れてもある程度紫外線を防いでくれるんですね。

 

(UVカット加工は2〜3年で効果が切れます)

 

 

 

傘の内側が明るい色だとダメな理由は、アスファルトの照り返しを頭や顔に反射させないため。

 

黒系統の色は紫外線を吸収するので、内側は暗めの色を選ぶといいですね。

 

 

 

 

 

帽子の場合も日傘と同じくポリエステル製が良いですが、ポリエステルは汗を吸収しないため、

 

ポリエステル100%だと頭が蒸れてしまいます。

 

そこで、ポリエステル50%、綿50%くらいのUVカット加工の帽子がおすすめ。

 

つばが広いハットタイプなら顔や首まで紫外線を防いでくれますよ。

 

 

紫外線対策になる洋服の選び方

 

 

 

洋服も生地が厚く目が詰まったものが理想ですが、真夏なんかだとどうしても暑くなっちゃいますし、

 

見た目的にも夏らしくなくて嫌、って人も多いでしょう。

 

ですので、服はUVカット加工のものを選ぶのが良いと思います。

 

 

 

「お気に入りの服がUVカット加工してない!」って場合には、衣類用のUVカットスプレー

 

2000〜3000円程度で売っているのでそれをスプレーすればOKです。

 

もともとUVカット加工してある服も、洗濯を何度もすると効果が切れてしまうものもあるので、

 

こういう場合にもスプレーは便利ですね。

 

 

 

あと、使ってる人は多いと思いますが、半袖を着ている時に腕や手を保護できる

 

アームカバーは便利です(上の画像でつけているもの)。

 

室内にいる時や、人と会う時なんかは簡単に外せますしね。

 

特に運転中する人は腕や手に一番日光が当たりますから、安いですし持ってて損はないです。

 

 

サングラスも必要!?

 

 

 

最後は紫外線から目を守ってくれるサングラスです。

 

サングラスで紫外線対策できることは知っていても、つけている人ってそんな多くないですよね?

 

じゃあサングラスはいらないかというと、そんなことはないんです。

 

 

 

サングラスは目の紫外線対策と思われるかもしれませんが、実は目から紫外線が入ると、

 

体内でメラニン色素の生成が始まり、肌が黒くなることがあるんですよね。

 

つまり、身体を完璧にガードしていても目から紫外線が入れば日焼けすることがあるんです。

 

 

 

紫外線を防ぐサングラスといえば多くの人が黒いサングラスを想像すると思いますが、

 

これは大間違いです!

 

黒いサングラスを使うと視界が暗くなりますよね?

 

そうすると、もっとよく見ようと瞳孔が開いてしまい、網膜に沢山の紫外線を浴びることになるんです。

 

ですからなるべくサングラスは色の薄いもの(透明なものでもOK)を選ぶようにしてください。

 

 

 

 

 

日傘や洋服での紫外線対策は、日焼け止めが使えない人にとって超重要です。

 

ただ、難点としてはとにかく暑いってこと…。

 

暑い日に着こまないといけないことにうんざりしている人も多いと思います。

 

また、1つ1つは安いですが、色々対策グッズを揃えるとなるとお金も結構かかりますよね。

 

日焼け止めサプリメントを利用する

 

 

 

最後は最近になって登場した、日焼け止めサプリを飲む方法です。

 

雑誌で紹介されたり、モデルさんが使ったりしているのでご存じの方も

 

 

いるかもしれませんが、これは本当に便利!

 

 

 

だって、1日1回飲むだけで紫外線対策ができちゃうんですから。

 

肌荒れのしない日焼け止めをあれこれ試したり、

 

暑い日に着込んで汗ダラダラになる必要がないんです。

 

こんな楽な方法ないですよね。

 

 

 

日焼け止めサプリは塗る日焼け止めや日傘・洋服といった外側をおおって紫外線を防ぐ

 

のではなく、身体自体を紫外線に強くする方法です。

 

紫外線に強くなる秘密は、サプリに含まれるニュートロックスサンという成分。

 

最近になって作られたものなんですが、ある実験によれば1日250mgずつ3カ月摂取する

 

ことで60%も紫外線をカットしてくれる成分なんですって。

 

 

 

60%カットなので、完璧に紫外線を防いでくれるわけではないですが、

 

サプリの良い点は全身の紫外線をカットしてくれることです。

 

しっかり紫外線を防いでいるつもりでも、ついつい忘れてしまう部分ってありませんか?

 

例えば日焼け止めなら頭とか、服だと手先・足とか。

 

身体の内側から紫外線対策をするサプリであれば、こういった忘れがちな部分もある程度

 

カバーしてくれるので安心です。

 

 

おすすめの日焼け止めサプリ

 

 

 

さて、このように便利な日焼け止めサプリですが、中でも私がおすすめするのは

 

 

「インナーパラソル16200」というサプリです。

 

 



 

 

 

他にもいくつか同じようなサプリは販売されていますが、実ははニュートロックスサンが

 

1日でしっかり250mg摂れるサプリメントはそれほど多くないんですよね。

 

中には「ニュートロックスサン配合!」と書いてあるのに、どれだけ入っているのか

 

書かれていないサプリもあるんです。

 

 

 

そんな中で「インナーパラソル16200」は1日2錠飲むことでニュートロックスサンが250mg

 

摂取できることがキチンと書かれていますし、その上値段も他と比べて安めなんです。

 

定期購入すれば初回990円、2回目以降は5,600円

 

1カ月ではあまり効果が無く、飲み続けることで効果が出るサプリなので定期購入がおすすめです!

 

(単品購入だと7,000円と高いですしね)

 

 

 

 

 

私も毎朝2錠ずつ飲み続けていますが、冬の写真と比べてもあまり肌の色が変わっていませんし、

 

日焼けしにくくなったような気がします!

 

紫外線は1年中降り注いでいますが、シーズン以外は紫外線対策をサボっちゃう人も多いですよね?

 

そういう人には簡単に年中紫外線対策できるので、かなり便利だと思います!

 

 

 

また、ビタミンCやビタミンPなど、他にも美容に良い成分が豊富に含まれているので、

 

最近は何だか肌の調子も良いです。

 

ひそかに敏感肌も少し良くなるかな〜と期待していますが、これは調子に乗り過ぎかな(笑)

 

あっ、ちなみに副作用みたいなのも全くないので、安心して飲めますよ。

 

 

 

あなたも敏感肌であれば、日焼け止めサプリを使ってみてはいかがでしょうか?

 

自分に合う日焼け止めを探し続けたり、暑い服を着続けるよりもずっと楽に対策できるようになりますよ。